水溶性食物繊維サンファイバーって何?ファミマとコラボドリンクも!

水溶性食物繊維サンファイバーって何?ファミマとコラボドリンクも!

みなさんは、食物繊維を意識して摂取していますか?

食物繊維とは、炭水化物のなかでも、ヒトの消化酵素で消化・吸収できないもののことをいいます。

野菜や海藻類、豆類、芋類などに食物繊維は豊富に含まれており、便秘改善や腸内環境のバランスを整えるために意識して摂取したいですね。

ひとくちに食物繊維といっても、水に溶ける/溶けないで分類されたり、イヌリンやペクチン、セルロースや難消化性デキストリンなどいろいろな種類があります。

今回は、インド・パキスタン原産であるグァー豆から分解した「グァー豆分解物」という水溶性食物繊維を、ウンチのミカタ!うんち栄養士(@unchieiyoushi)梅原しおりがご紹介します。

食物繊維には水溶性と不溶性の2種類に分けられる

食物繊維は大きく、水に溶けやすい「水溶性食物繊維」と、水に溶けにくい「不溶性食物繊維」の2つに分けることができます。

水溶性食物繊維は、その名の通り水に溶ける性質を持っており、水に溶けるとゲル状やネバネバした状態なります。余分なコレステロールを吸着して体外に排出したり、血糖値の上昇を緩やかにしたり、うんちを柔らかくして排便をスムーズにしたりする働きがあります。

一方、不溶性食物繊維は、水に溶けない性質を持っています。消化管で水分を吸収して、うんちの体積を増やしたり、腸のぜん動運動を活発にして排便を促進したりする働きを持っています。

水溶性食物繊維は腸内細菌の栄養源(エサ)になりやすい

水溶性食物繊維は、腸内細菌のエサになりやすいのが特徴です。

腸内環境を整えるためにも、水溶性食物繊維を積極的にとりたいですね。しかし、ほとんどの食品は、水溶性より不溶性食物繊維の方が多く含まれています。

食物繊維が豊富なイメージがある玄米も、水溶性食物繊維はほとんど含まれていません。

水溶性食物繊維が豊富な食べ物は、大麦(もち麦・米粒麦・押し麦・ビタバレー等)や海藻類、オクラや長芋などネバネバしたものなど。

水溶性食物繊維は、不足しやすいので日頃から意識して摂取するように心がけましょう!

サンファイバーはグァー豆から生まれた天然の水溶性食物繊維

グァー豆とは、別名クラスタマメとも呼ばれており、インド・パキスタン原産のマメ科植物。インゲン豆のような見た目をしています。

このグァー豆の胚乳部を粉砕して「グアーガム」と呼ばれる水溶性の多糖類を取りだします。

「グアーガム」は、食品添加物としても認められており、ゲル化剤や増粘剤として使用されています。増粘剤として使われることから分かるように、非常に粘度が高いのが特徴です。

グアーガムそのままだと粘性が高すぎて、食物繊維のサプリメントとして使いにくいため、グアーガムを酵素で処理をし、粘度を抑えたものが「グアーガム分解物(=サンファイバー)」なのです。

サンファイバーは「便秘」にも「下痢」にも使える

サンファイバーの主な機能は、腸内環境の改善です。

また、ほかの食物繊維サプリメントと異なる点は、「便秘」にも「下痢」にも効果的であるということ。

食物繊維(不溶性/水溶性)は、うんちの体積を増やしたり、うんちを柔らかくしたりして便通を促進する働きがあります。しかし、食物繊維サプリメントはおなかに合わなかったり、摂取しすぎたりすると、便通が良くなるどころか逆に下してしまう場合がありますよね。

サンファイバーは、便秘改善だけでなく、下痢※になりやすい人のお腹の調子を整える機能の報告がされているので、おなかが緩くなりやすい人にもおすすめです。(※難消化性糖質を含む食品の摂取による一過性の下痢)

販売元である太陽化学株式の公式HPによると、サンファイバーの機能は下記の通りです。

* 短鎖脂肪酸産生
* 酪産産生
* 腸内細菌叢改善
* 有用菌増加
* 腸炎の抑制
* 肝臓(NASH抑制)
* 便秘改善
* 下痢抑制
* IBS
* ダイエット
* 血糖コントロール
* 脂質代謝改善

引用元:太陽化学株式会社

サンファイバーの用途は?食品の味を変えないので何にでも使える

腸内環境の改善が期待できる“腸”優秀なサプリメントであっても、嫌な味がしたら続けられないですよね。

サンファイバーは無味無臭なので、何にでも使うことができます。しかも、ダマにならずよく溶けるので、使い勝手が良いのが特徴です。

ご飯を炊くときに入れたり、味噌汁やコーヒーなど液体に入れたり、お菓子作りのときに混ぜたり…。幅広く使うことができます。

サンファイバーのヘビーユーザーは、独自の使い方を編み出している方が多く、人それぞれの取り入れ方が異なるのも面白いですよ。なかには「お酒に入れる」というツワモノも。

本当に何にでも使うことができるので、自分オリジナルの「サンファイバーの使い方」を見つけ出すのも楽しいと思います。

どんな人におすすめ?サンファイバーの特徴とは

サンファイバーは、無味無臭で溶けやすく、日々の生活に取り入れやすい水溶性食物繊維サプリメントです。

サンファイバーは、決してあやしいサプリメントではなく、大学病院や国立がん研究センターなど医療現場でも使用されています。

下剤などの薬を使うことなく、便通を促すことができるのがポイント。

また、サンファイバーの最大の特徴は、子どもから高齢者、妊婦さんまで使用できること!病院でも採用されているので安心ですよね。

子どもから高齢者までOK!妊娠時の便秘対策にも◎

サンファイバーの良いところは、子どもから高齢者、妊婦さんまで使えること!

下剤などの薬を頼ることなく、排便を促すことができるは嬉しいですよね。

サンファイバーは、病院だけでなく、介護の現場でも採用されています。

サンファイバー×ファミリーマートのコラボドリンクも有

サンファイバー入りドリンクは、ファミリーマートでも買うことができます。

現在販売しているのは、2018年5月に発売した「サラダスムージー」と、2018年11月にデビューした「のむキウイ」の2つ。

いまや食物繊維入りのドリンクは、いろんな種類がありますよね。これらに、使用されているのは、主に「難消化性デキストリン」という食物繊維です。

難消化性デキストリンは、トウモロコシのデンプンから作られており、すこし粉っぽいのが特徴です。また、特定保健用食品(トクホ)の関与成分としても認められているので、一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか。

一方、サンファイバーは、グァー豆から生まれた「グァーマメ分解物(水溶性食物繊維)」です。これらがたっぷり入ったのはファミマのコラボドリンクだけ。

難消化性デキストリン入りドリンクで効果をあまり感じなかった人は、サンファイバー(グァーマメ分解物)入りドリンクを試してみると良いでしょう。

サンファイバーの口コミは?効果はある?

なんとあのヘアメイクアーティスト・IKKOさんも・・・!

病院でも!

同じグァーマメ分解物でも、メーカーによって溶けやすさ等が異なります。サンファイバーは、冷たい水でもきれいに溶けてくれますよ♪

まとめ

サンファイバーは、病院や介護の現場でも採用されている水溶性食物繊維サプリメントです。

子どもから高齢者、妊婦さんまで安心して使用することができます。また、便秘改善だけでなく、下痢になりやすい人のお腹の調子を整える機能もあるので、お腹がゆるい人にもおすすめ

サンファイバーは、無味無臭、ダマにならず溶けやすいので、飲み物に入れたり、料理に使ったりと幅広く使用することができます。ぜひ、使ってみてくださいね。