フルグラで便秘が解消されるってホント?“改善される人”と“されない人”の違いを徹底解説!

残念ながら、便秘は、○○を食べたら治るという単純なものではありません。

つまり、フルグラを食べたからといって、便秘が改善されるワケではないのです。

 

 

もちろん、フルグラを食べることで便秘が改善された人もいます。

 

 

改善した人、しない人、何が違うのでしょうか。

 

この記事では、フルグラで「便秘を改善する方法」についてまとめ、フルグラの“上手な食べ方”もご紹介しています。

 

便秘解消のためにフルグラを食べようと思っている人は要チェックです。最後まで読むと、ウーンとスッキリするでしょう!

 

フルグラの栄養成分まとめ!

そもそもグラノーラとは、オーツ麦や玄米、とうもろこし等をシロップ・オイルと混ぜ合わせ、オーブンで焼いたものをいいます。

 

シロップやオイル(主に植物油)が入っているので、甘味があり、さらにサクサクした食感なので、食べやすいと人気があります。

 

では、フルグラの原材料と、栄養成分をみてみましょう!

 

オーツ麦が原材料トップ!

“普通”のフルグラは、原材料のトップ3がオーツ麦ライ麦粉砂糖です。

 

原材料は、使用量が多いもの順に並んでいます。

 

つまり、フルグラは1番オーツ麦が最も多く、2番目にライ麦粉、3番目に砂糖が多く入っているのです。

フルグラが甘〜いのも、うなずけますよね。

 

このとき、フルグラの“種類”によって原材料が異なってくるので注意しましょう。

 

食物繊維はフルグラ1食あたり4.5g

フルグラの摂取目安は、1日50gです。

 

200mlの普通牛乳をかけると、358kcal。

エネルギー:358kcal
タンパク質:10.7g
脂   質:15.5g
炭水化物 :46.1g

 

 

炭水化物は「糖質+食物繊維」なので、

フルグラ1食分(50g)の場合、

糖質  :41.6g
食物繊維:4.5g
合計  :46.1g  (=炭水化物)

 

1食あたり食物繊維が4.5g はいっているので、「便秘解消にオススメ」と巷で噂になっているのでしょう。

 

フルグラで便秘が改善される人、そうでない人の違いとは?

フルグラを食べて、便秘が改善された人、そうでない人に分かれます。

その違いは何なのでしょうか。

 

フルグラで便秘が治った!センイ不足の可能性大

まずは、フルグラで便秘が治った人について。

 

便秘の原因は、食物繊維不足、ストレス、偏った食生活、睡眠不足、食事量の少なさなど

ひとりひとり違うのでハッキリと断言できませんが、おそらく、ただ単に“食物繊維が不足していた”と考えられます。

 

そのため、フルグラで食物繊維を補うことで便秘改善につながった、可能性が高いといえます。

このケースは、フルグラ以外の食品で食物繊維を補った場合でも、便秘は改善されることがあります。

 

フルグラを食べても便秘が治らない!そのほかの原因を探そう

次に、フルグラを食べても便秘が改善されなかった場合です。

 

さきほど述べたように、便秘の原因はひとりひとり異なります。

フルグラを食べて変化がなかった場合、1日に何を飲み食いしているのか、食事全体を見直すことが大切です。

 

 

たとえば、このツイート主さん。

 

全体的に食事量が少ない、と言えます。

食事量が少ないと、そのぶん作られるウンチも少なくなり、出にくくなります。

 

食事量を増やしたら、体重も増えそう!

と思ってしまうかもしれませんが、栄養バランスに気をつけた食事をとれば、太ることはありません。

 

おっと、話がズレました。

このツイート主さんの場合、フルグラを食べたからといって便秘は改善されないのです。

便秘改善のためにすべきことは、食事量を増やすこと。

 

このように、ひとりひとり原因があるので、原因を見つけ出すことが重要です。

 

 

ウンチが硬い、便秘が改善されない・・・

という人に特にオススメなのが、食物繊維のなかでも「水溶性食物繊維」と呼ばれるセンイ質を意識すること。

 

 

 

「水溶性食物繊維」は、ワカメやメカブなどの海藻類、長芋やオクラなどネバネバしたもの、“押し麦”や“もち麦”など大麦に多く含まれています。

 

なかでも、海藻類は低カロリーなので、ダイエット中にもってこいの食材なのです。

メカブやもずくは、小分けパックで売っており、生活に取り入れやすいのでオススメしています。

 

「水溶性食物繊維」は、うんちを柔らかくし、排便をスムーズにする働きがあるので、便秘気味の人はフルグラだけではなく、水溶性食物繊維を意識しましょう。

 

フルグラで気をつけたい事まとめ

ここでは、フルグラの“上手な食べ方”についてまとめ、フルグラで気をつけたい事についても解説しています。

 

フルグラは“主食”あつかい!たんぱく質と野菜も一緒にとろう

フルグラの原材料トップは穀物であり、炭水化物の量が多いので、ごはんやパン等と同じ「主食」として考えましょう。

つまり、フルグラだけ食べるのは、栄養バランスが偏るので要注意。

 

 

ポイントは、野菜とタンパク質(肉や魚、卵など)をプラスすること。

簡単にいえば、ごはん代わりにフルグラを食べる、ということになります。

イラストは和食なのでイメージしにくいかも。

 

フルグラだけの食事は、“おにぎり”だけ、“パン”だけの食事と似たようなもの、ということを覚えてほしいと思います。

 

ダイエットしたいならオートミール等がおすすめ

オートミール

ダイエットをしたい場合、フルグラは不向きです。

なぜかと言うと、フルグラは、シロップやオイルが添加されているため。

 

ダイエットをしたい人は、フルグラではなく「オートミール」や砂糖が入っていない「ミューズリー」を選びましょう。

 

  • オートミール
     エン麦を脱穀し、食べやすく加工したもの。
  • ミューズリー
     押麦やドライフルーツ、ナッツ、種子類を混ぜ合わせたシリアルの一種。

 

砂糖やオイルが添加されていない「ミューズリー」

 

これらには、砂糖やオイルがはいっていないので、フルグラよりダイエット向きといえます。

 

まとめ:フルグラは“主食”として食べよう!間食としても◎

フルグラは、ご飯やパンと同じ“主食”として食べるようにしましょう。

便秘を改善するためには、バランスの良い食事をとることが最も大切です。

 

  • 主食(ごはんやパン)
  • 主菜(肉や魚など)
  • 副菜(野菜類のおかず)

 

バランスの良い食事とは、主食・主菜・副菜を意識すること。

 

 

また、ダイエットをしたい、便秘解消にシリアルを食べたい、という人は、フルグラではなく「オートミール」や砂糖等が添加されていない「ミューズリー」がオススメです。

 

フルグラを、クッキーやアイスの代わりにオヤツとして食べるのも良いですね。

 

フルグラを上手に活用して、便秘を解消しましょう。